FC2ブログ
新・Tamago915のWikiBlog
Wikipedia(ウィキペディア)について、よしなしごとをそこはかとなくかきつづれれば。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wikipedia 今日の1本:柳澤伯夫
[[Wikipedia:井戸端#この場合の出展元責任者は?(1)]]以下、出典についての質問が続いています。
ウィキペディアでは信頼できる出典を求めており、その責任(というか、出典について説明する義務)は書いた人に発生します。それだけのことなのですが、ルールをうまく解釈できていないのか、同じような質問を繰り返している人がいるようです。
どれか特定の記事について問題提起をするための準備なのか、ルールの抜け穴を探しているのか、わかりませんが……。




今日の1本は、[[柳澤伯夫]]。
「女性は子を産む機械」発言から、批判・非難が続いており、ウィキペディアの記事でもバッシングめいた書き込みと中立を守るための除去が何度か繰り返されています。ただ、現時点では保護がかかっていないので、それほど極端な状況にはなっていないようです。

報道というフィルターを通してしか、この発言を聞いていないので、どういう文脈で何を意図してしゃべったのか、明らかになっていない部分があります。それでも世論はメディアのいうことを盲信しがちなので、失言部分だけが一人歩きする結果になるんですよね。
政治家という職業は、しゃべることも仕事のうちで、また失敗は許されない仕事だというイメージがあります。そういう意味では、失言はできないのだろうと思いますが……。
まあ、事実関係がわからないので、あまり追及しないでおきます。

今回の騒動で、すっかり忘れられた感もある[[ホワイトカラーエグゼンプション]]を推進しているのも柳澤大臣ですね。
欧米ではそれなりの実績を出しているようですが、日本人の国民性を考えると、安易に導入するのは危険な気がします。明治時代からでも150年近く、低賃金と劣悪な労働環境で多くの従業員を労働につかせ、低コストで高品質の製品を作ることで日本は発展してきました。
21世紀に入り、働くばかりが能じゃないということにようやく気づいてきたと思えるのですが、ここで時代に逆行するような政策を導入されると、また「働き蜂」の時代になってしまうような気がします。
スポンサーサイト

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:将棋の駒
[[Wikipedia:定期削除/見直し]]……。
結局見直しできずに撤退ですか。

最初は「サブスタブのまま長期間放置された記事は問答無用で削除」という提案だったのですが、迷走に迷走を重ねて「サブスタブの記事に「加筆修正待ち」のテンプレートをつけておきましょう」という状態になっていました。
最初の提案もどうかと思います。「長期間放置され、加筆の見込みがない」記事はありますが、これを理由に削除依頼に諮ればよいのであって、問答無用で削除するのは筋が通らないと思います。
また、あとの提案は、もはや削除とは関係がないのに、「提起削除」を維持するために無理矢理作ったようにしか見えませんでした。「加筆依頼」はすでにあり、改めて「加筆修正待ち」を作る意味もないでしょう。

そんなわけで、[[Template‐ノート:加筆修正待ち]]にテンプレートの廃止提案を出しています。ご意見お願いします。




今日の1本は[[将棋の駒]]。Windows Vistaもやりたかったのですが(今日発売)、以前取り上げているので。
先週の金曜日、NHK教育テレビで放送された「[[美の壺]]」という番組で、将棋の駒と盤が取り上げられていました。

将棋の駒。100円ショップで扱われているものから、100万円を超える高価なものまであります。
御蔵島黄楊とよばれる最高級の駒木地(堅く木目が密になっており、場所によっては複雑で美しい木目を見せる)と、すべて手作業による文字の彫り、そして漆で木地よりも高く文字を浮き上がらせる「盛り上げ駒」の手法。これらが集まって、最高の駒ができます。
彫られる文字の書体も、伝統と気品のあるもので、よく使われているもので十数種類の書体があります。

自分の場合、コレクションに何百万円もかけられないので、黄楊制の駒は1組だけ、漆が木地の高さまでこない「彫り駒」のものを持っています。
ネット通販で買ったものですが、書体は流れるような描き方が気に入った[[巻菱湖]]を持っています。気づいた方もいると思いますが、写真を撮って「将棋の駒」の記事に掲載しています。

参考外部リンクとして、銘駒図鑑を挙げておきます。
また、書籍化もされている(『将棋駒の世界』増山雅人、中公新書、2006年、ISBN 978-4121018694)ので、これは記事のほうにも加筆しておきます。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:Edy
[[Wikipedia:井戸端#ウィキペディアから他のサイトへの転載]]。ウィキペディアの記述はGFDL ([[GNU Free Documentation License]]) で使用できるので、ほかの著作物よりは引き写しの条件がゆるいはず。
とはいえ、そのあたりのことを何も考えずに(あるいは意図的に)、著作権侵害になる形で記述を引き写しているブログも少なくないようです。誰かがネットに公開されたものは自分のブログにそのまま引き写してもよい、と思っている人が少なくないようで。

ウィキペディアでも、新聞社のニュース記事やタレントのプロフィールなどがそのまま書き込まれることがたびたびあり、そのたびに削除依頼が出されています。著作物の丸写しなど、明らかな著作権侵害行為を行った利用者については、1度目から投稿ブロックをかけて、その間に著作権についての理解を得てもらうくらいでよいのかもしれませんね。




今日の1本は[[Edy]]。
[[電子マネー]]の規格のひとつで、ソニー陣営がバックアップしているものです。
私の携帯電話でもEdyが利用できるようになっており(いわゆる「[[おサイフケータイ]]」)、私が唯一持っている電子マネーです。
ところで、いま、電子マネーの流通量シェアはどうなっているのでしょうか。携帯電話にはEdyが搭載されたものが多く(最新の機種では[[QUICPay]]が入っているようですが)、Edyがトップシェアなのかなあ、と思いますが。

記事のほうでは、最初はカタカナの「[[エディ]]」からのリダイレクトで、ゲームキャラへの曖昧さ回避になっていましたが、徳島バスの高速バスも「エディ」(ラテン文字表記はEDDY)なので、これも含めた曖昧さ回避にしておきました。
気になるのが、Edyが使える店舗などの一覧。ほかの一覧記事でも指摘してきたことですが、無駄な一覧のような気がしてなりません。将来的には日本国内のすべての店舗でEdyが使えるようになるのではないかと思いますが、そうなってもリストし続けるのでしょうか。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:バドミントン
[[Wikipedia:井戸端#一覧列挙についてのガイドライン]]。
自分で議論を提示しておいて何ですが、たぶん解決しませんね。意味のない一覧がふくれあがることに違和感や嫌悪感を持っている人は私だけではないと思いますが、じゃあどうすればよいか、統一したルール作りは相当の困難を要するように思いました。
[[ノート:発掘!あるある大事典#各回タイトル一覧は必要?]]でも、タイトルが羅列されているのを除去しようという提案を持っていったのですが、「ほかの記事でもそうなっているから」で、うやむやになるかもしれません。

自分の悪い癖が出ていて、むやみにいろいろな議論に関わりすぎているのに気がつきます。少し控えないと、熱くなりすぎてウィキペディアを疲弊させるユーザになってしまいますね。反省。




今日の1本は[[バドミントン]]。
今日、会社のバドミントンサークルの練習に参加しました。前に参加したのが2005年だったような気もするし、一度だけ去年も顔を出したのかな。月に2回くらい練習があるのに、そうとう久しぶりでした。

ダブルスの試合形式で練習するのですが、いつの間にかルールが変わっていた(サーブ権ありの15点→ラリーポイントの21点)んですね。ウィキペディアの記事によると、昨年5月に国際ルールが変更され、以後各種大会でラリーポイント制が採用されているということです。
理由はバレーボールがラリーポイント制になったのと同じで、試合時間が極端に長くならないように抑えて、テレビ中継などに配慮したようです。また、オリンピック競技としての存続のためにも、試合時間の短縮が望まれていたという背景もあるようですね。

日本はかつて女子団体戦の最高峰である[[ユーバー杯]]に5度優勝するなど、バドミントンの強国だったのですが、近年はインドネシアや中国に押されて低迷気味。ここ最近になって、「オグ・シオ」([[小椋久美子]]・[[潮田玲子]])の活躍などでスポーツ新聞に取り上げられるようにはなってきています。
日本での普及度などから考えると、もっと注目されてもいいスポーツなのではないかと思うのですが……。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:そのまんま東
[[Template:最近の出来事]]への記述の追加が投票制になりました。
自分としては、大きな変化が発生する出来事に対しては積極的に賛成をつけ、それ以外は反対していきたいと思っています。1日1つくらい追加する程度でよいでしょうから、そんなにたくさん賛成しても仕方がないでしょうし。

ほんとうはウィキペディアに必要のないものだと思っているのですが、なんでここまで関わってしまうんだろう……。
議論は[[Template‐ノート:最近の出来事#どのような内容が Template:最近の出来事 に相応しいか]]などで継続されていますので、よろしければ参加してください。




時期がずれてしまいましたが、今日の1本は[[そのまんま東]]。
肩書きが、「政治家、元タレント」になっちゃったんですね。

ご存じの通り、政党候補を抑えて宮崎県知事に当選しました。タレント出身の知事としては過去にも[[横山ノック]]などの例はありますが、全く政治家としての経歴がないタレント候補が知事になるのは、今回が初めてだったかと思います。
(ノック知事は、大阪の恥のようにいわれていますが、最初はそれなりにちゃんとしていたはず。全否定は正しい評価ではないように思います。)

さて、東知事ですが、政治的なスタンスでいえば革新系にあたるのでしょう。議会が保守派が多数を占めるため、革新系の知事はかなりの指導力を発揮しないと、すぐに窮地に陥りそうです。

長野の[[田中康夫]]はそうやって6年間知事を務めましたが、最終的には支持を失いましたし、私が住む徳島県では、汚職事件で辞任した保守系知事に代わる革新系知事が、わずか1年で職を追われています。

宮崎県は、前知事の談合疑惑があるわけですし、[[トリインフルエンザ]]が火急の問題として対応を迫られています。そういった難題に対して、実績を積み重ねることができるかどうかで、評価が定まりそうです。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:東京地下鉄副都心線
[[Wikipedia:井戸端#一覧列挙についてのガイドライン]]。こういった問題はずっといわれてきていることだと思いますが。
一覧を列挙することによって、記事が充実するわけではないと思います。むしろ、内容の伴わないデータで記事の長さだけが伸びてしまい、スカスカの記事になってしまうという弊害があります。
しかも、一覧として列挙されるものが、現在の日本のものしか出てこないところにも問題があります。名指しした[[冠大会]]などは、世界で最初の冠大会はいつどこで行われたのかとか、世界的・歴史的なことも知りたいと思うのですが、その質問に答えようという姿勢が見られません。

一覧に項目を追加するくらいなら自分でもできる、という「貢献」をしてしまう人が跡を絶たないのでしょうね。私にいわせれば、そんなのは貢献ではないし、むしろ記事を破壊しているくらいの行動だと思うわけですが。
どうにかして、無意味な一覧をなくせないものでしょうか。




今日の1本は[[東京地下鉄副都心線]]。これまで「13号線」といわれていた路線に正式名称がつき、2008年6月の開業が発表されました。
建設中の池袋~新宿三丁目~渋谷の路線名となるわけで、これらの副都心群を直結する意味で「副都心線」のようです。
ネーミングについてはいろいろな意見がありますが、ネット上では「渋谷線」でよかったんじゃないの? というコメントも出ていたようです(実際に「渋谷線」にしたら池袋の人が反発しそうですが)。

この路線は、池袋側で供用中の有楽町線・有楽町線新線と直結し、東武東上線・西武池袋線に乗り入れます。渋谷側は東急東横線・みなとみらい線との乗り入れが予定されており、川越から横浜まで直通するようなこともあるのかもしれません。

東京メトロとしては、これで新路線の建設は終わりになるようです。まあ、東京の地下鉄路線図を見てみれば、これ以上どこに掘るのかという話にもなるわけですが(笑)。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:発掘!あるある大事典
しばらく覗いていなかったのですが、[[Wikipedia‐ノート:メインページの改訂]]の議論が進んでいるようです。
4月に新しいデザインに切り替える、という目標は無謀な気がしますが、現在のデザインを作られた電気山羊さんが議論に参加してくださっており、うまく切り替えられるかもしれませんね。

現在、[[Wikipedia:メインページの改訂/2007/改訂の是非を問う投票]]にて投票中。
賛成票が多いですね。




今日の1本は[[発掘!あるある大事典]]。
先日の[[納豆]]の特集で、捏造したデータが含まれていたことがわかり、スポンサーの撤退、番組の打ち切りが決定しました。

メディアに翻弄される視聴者の存在と、視聴者やスポンサーのために何でもする、しなければならないと考えているメディアの存在。Web2.0の時代になって、マスメディアの力が相対的に弱くなっていますから、メディア側も相当無理をしているように思います。
とはいえ、ほとんどの情報がマスメディアから流されているのには変わりありませんから、視聴者がマスメディアを信用しないとしたら、どこから情報を手に入れるのかという問題が出ますね。

そして、ウィキペディアの記事のほう。
文章を書く訓練ができていない人が多いんでしょうね。冒頭にたくさんのテンプレートがありますが、ニュース記事をそのままコピーしたために著作権侵害が発生し、削除依頼が出ています。また、荒らし行為もあったようで、半保護の措置も執られています。
番組自体の解説と、放送中止・打ち切り後の対応がごっちゃになっています。この2つは完全に分けてしまわないと、読みづらいですよ。
また、「~の模様」「思われる」「説もある」という文もあります。この記事に限らず、テレビ番組の記事で多いのですが、ようは推測で記述しているわけで、裏を取るつもりはないのだろうかといぶかってしまいます。

ダメ記事の典型のようですが、事件が落ち着いて速報性がなくなれば、きちんとした記述がなされるようになるかなあ……。残念ながら、楽観的な期待はできませんが。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:Wikipedia:ウィキペたん
あまり深入りしたくない案件ではありますが、[[Wikipedia:コメント依頼/Yassie方式もしくは132人目方式の是非について]]。

記事を移動させ、元の記事(移動先の記事へのリダイレクトになっている)に新しい内容を書き直す方法が適切なのか、またどのようなときにこの方法を採るべきなのか、という議論のはずでした。
が、提案者が理論武装しないまま、「こいつのやり方はおかしい!」でコメント依頼を出してしまった感があり、最初から議論が迷走してしまっています。

個人的には、認めたくないのですが、禁止するだけの理由を挙げるのは難しそうです。普通に白紙化したり、全文を改稿したりするので問題がない(改稿前の文章に著作権侵害があっても、改稿後の部分は削除対象とならない)ようにして、履歴を分断する必然性をなくしてしまえばよいと思いますが、そういう意見も言いづらいですね。




今日の1本は[[Wikipedia:ウィキペたん]]。
書かれてあるように、1年前に行われたウィキペディア(全言語版)のマスコットとして作られたキャラクターですが、実質的に日本語版を象徴する[[萌え]]キャラとなっているように思います。

記事下部のギャラリーのところを見てみると、日本語版だけでも相当たくさんのウィキペたんが描かれているようです。コモンズ([[Category:Wikipe-tan]])にはもう少し多くの絵があるようですが……、ちょwwwコスプレwww([[commons:Image:Wikipe-tan_HongKong01.jpg]])

「ペ」がひらがなかカタカナか、という議論もあります。「ウィキ(ウィキペディアなどのシステム)」+「ぺたん(擬態語)」か、「ウィキペ(ウィキペディアの略)」+「たん(子供の名前の後ろにつける「ちゃん」が萌え化したもの)」か、ですね。
答えを書いてしまうと、英語版だとWikipe-tanですし、どうやらカタカナのようです。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:モチ (競走馬)
おとといきのうと、阿波の[[土柱]]まで勤め先の企画合宿に参加していたので、更新が遅れました。

[[Wikipedia:井戸端#カタカナ表記について]]で、何かよくわからない議論が起こっていますが……。
外国語を日本語の文字で表記すると、正確な発音が失われるから原語で表記せよ、ということなのでしょうか。そういう主張はウィキペディアで行うのではなく、自身のブログかどこかでやってほしいと思います。そうして一定の支持を得たら、ウィキペディアでも原語表記を行いませんかという流れにするのが筋でしょう。




今日の1本は[[モチ (競走馬)]]。
馬主は珍名馬で有名な[[小田切有一]]さん。現役競走馬で、オープン特別である[[若駒ステークス]](昨日実施)を勝っただけなので、記事にするには時期尚早だったかと思います。
(私と同名なので(笑)応援している、[[ステキシンスケクン]]がまだ記事がないのに。こっちは重賞2勝だぞ。)

昨日は見られなかったのですが、今日の競馬番組で実況が再放送されていました。早めに先頭に立って逃げ切りを図るモチに、
「モチが粘る、モチが粘る!」

と実況が入っていました。
普通の実況なんですが、名前がモチなだけに、ダジャレにしか聞こえない……。

記事が削除されないよう、今後の活躍を期待します。> モチ様

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:今切川
[[Wikipedia‐ノート:ノートのページでは投稿に署名をする]]。
最大の疑問。「ウィキペディアではどうすれば署名をつけたことになるの?」
これに答えが出ていないのに、「署名しろ」だの、「偽署名」だの、いろいろいわれています。自分を匿名にしようとしたり、他人を騙ろうとしたりする悪質なものはともかく、通常の議論の中で署名について批判するのは、自分のよってたつところがどれくらい不安定なのか把握した上での批判なのか、聞いてみたいです。

たとえば、可変IPアドレスから記事を書いていた非ログインユーザが、その記事のノートで意見を出すとき、「こちらでは私は○○と名乗ります」が許されるのかどうか。あるいは、可変IPでは議論できないということなのか。
そのあたりを曖昧にしたまま今まで来ているので、きちんとしておいたほうがよいと思います。




今日の1本は[[今切川]]。
知っている人はいないでしょうけど、徳島市の北部を流れている川で、[[吉野川]]・[[旧吉野川]]の支流になります。

読みは「いまぎれがわ」。ところが初版では「いまきりがわ」となっており、投稿者に聞いたところ、国土交通省・四国地方整備局のサイトにあった文書に従ったということでした。
そこで、四国地方整備局にメールを出したところ、間違っていたという回答が出てきました。……しっかりしてくれ。

北島町のこの交差点にある案内板で、東方向が「今切港」なのですが、ローマ字表記が Imagire Port となっています(当然ですね)。
遠目に見たときに「え? イマジン?」と空目したわけで、このことが印象に残っていて読み方を覚えていた、ということです(笑)。

ただ、初版投稿者に確認したときに、「間違いを再生産しないように」と強い調子になってしまったのは失敗でした。思いこみで、資料もないのに読み仮名を勝手に振ったのだと考えてしまっていました。公的な資料を参考にしていたのなら、投稿者の責任は問えませんね。反省……。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:東海・南海・東南海連動型地震
1月17日。[[阪神・淡路大震災]]が発生してから12年になります。
当時私は東京に住んでいたので、地震のことはテレビで知りました。大阪の実家に電話をかけて、「死者200人ってなってるんだけど……」と話したのを覚えています。最終的に、6000人を超える犠牲者となったのですが。

慰霊式や震災の記憶を残す活動が続けられています。そして官民ともに、いろいろな対策が取られるようになりました。上の記事にあったのですが、目立たないところでは、カセットコンロのガスボンベが各社で統一されるようになったのも、阪神・淡路大震災の被災者対策で不都合が発生したからだそうです。

ただ、実際に巨大地震が起こってしまったらと考えると、悲観的にならざるを得ません。自分の場合、家や財産を失ってもやり直しはきくだろうと思いますが、家族を失ったり、後遺症の残る障害を負ったりしたら、自分が生きていく価値を見いだせるかどうか。
(そのような過去があっても、精一杯生きている人はたくさんいますし、すばらしいことだと思います。ただ、自分にそれができるかどうかというと、できないんじゃないかなあ。)
不安ですね。




そういうわけで、今日の1本は[[東海・南海・東南海連動型地震]]。
今後発生が予想され、自分が住む徳島など太平洋沿岸に、(地震と津波で)大きな被害があると予測される地震です。

100年から200年の周期で発生しており、前の連動型地震から150年以上たっていることもあって、近い将来に大きな地震が発生すると、ずっといわれています。
確かに、いつかは来るのだと思う。それが明日になるか、100年後になるかはわからないし、規模もどの程度かわかりませんし。そういういみでは、来たら来たで運命として受け入れるしかないのかなとも思います。

そういうわけで(どういうわけだか)、地震に対しては、これといった対策はしていないわけです。いつ起こるかわからない地震よりも、明日の仕事のほうが大事なわけで。
そうやって、みんな地震対策が後手後手になってしまうんだろうな……。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:スパム (メール)
[[Wikipedia‐ノート:検証可能性#「検証可能性」の誤解(あるいは拡大解釈)について]]。
ヘンなのに足を突っ込んだかなあ……。

[[ピザ]]に「デブ」の意味を書いてよいかどうかでもめていて、その根拠に検証可能性を持ち出されたのが発端ということです。
「2典」には記述があるので、検証可能性という意味ではクリアしているのではないかと考えます(ノートで断言はしなかったのですが)。
でも、それが即掲載可能というわけではなくて、掲載は難しいだろうと思います。「ピザ」とは直接関係がないものですし。




今日の1本は[[スパム (メール)]]。「(メール)」なのは「スパム」が食品のほうの記事に使っているからです。
十何年か前に最初のスパムを受け取ったのですが、そのときは律儀に英語で「不要です」と送り返してしまいました。orz

スパム関連のニュースは結構出ていますね。
昨年2月には、シマンテックの調査で「返信率が0.001パーセントを超えれば採算が取れる」というのがありましたし(Internet Watchの記事)、今日は「画像スパムの割合が65パーセントを超えている」というマカフィーの調査結果が出ました(ITmediaの記事)。

いまも大量のスパムが届いており、1日に100通いっているかもしれません。
おもしろいやつはmixiに晒したりしていますが、大半はゴミ箱直行ですね。スパムを晒すためのブログを新たに作ろうかとも思ったのですが、みんな同じことを考えているわけで(笑)。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:Wikipedia:ウィキペディアの日
Muyo Masterさんのブログ「かもめみどりのWikiExpress」で、こちらのブログを紹介していただいていたようです。
記念にトラックバックをしておきます(笑)。

かもめみどりさんのブログもウィキペディアの記事紹介で、主に鉄道関連の新着記事を扱っています。1日3本ペースなのですが、鉄道関連の新着って、ハイペースで作られている状態が続きますね。日本の駅記事を書き尽くしても、まだネタが残っていますか。

ともかく、こういった記事紹介ブログが、ほかにも増えてくればいいなと思います。




今日の1本は[[Wikipedia:ウィキペディアの日]]。
6年前の1月15日に、英語版ウィキペディアが立ち上がりました。

自分がウィキペディアに関わったのが2004年8月31日。[[ウィキペディア日本語版]]が立ち上がったのは2001年5月ですから、そこから数えても3年以上あとということになります。
でも、関わり始めて2年半近くになるので、もう古参の部類になってしまったのかもしれません。

もともとは[[Nupedia]](ヌーペディア)という、査読された記事が掲載されるオンライン百科事典だったようです。そこは質が高いものの、量が出せず、プロジェクトとしてはすぐに破綻してしまいます。その反省をもって作られたのが、誰もが自由に編集できるというポリシーで運営されたウィキペディアということになります。

ウィキペディアのポリシーでは、量が確保できても、質を確保するのが難しくなっています。かといって、質を確保するために査読制度を導入すると、ヌーペディアの二の舞になるのが目に見えているため、これといった対策が取れていないというのが現状かと思います。

ヌーペディアが一方の極端、ウィキペディアがその対極の極端とすれば、中間のどこかに最適な方法論があるのだと思いますが、一朝一夕には答えが出ないでしょうね。
当面は、誰かが質の高い記事を書いてくれることを期待して、ウィキペディアのやり方を信じていこうと思います。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:2ちゃんねる
最近の出来事を表示しなくなったことを受けて、[[Wikipedia‐ノート:メインページの改訂]]が動き出したようです。
前回の改訂議論を立ち上げたものの、立ち消えにしてしまった経験があるので、今回は様子見モード。ただ、今回も、どうしても改訂したいというモチベーションも理由も感じられず、先行きが怪しいかなという気はしています。

前回の議論の反省点を自分なりにまとめてみると、

  • 自分のデザインセンスが十分ではなかったこと。

  • 改訂の方向性を打ち出せなかったこと。

  • 改訂の必要性、改訂の意思を明確に示せなかったこと。


が挙げられるかな、と思います。デザインセンスについては誰かに頼めばよかったものの、説得するだけの意欲もなく、また全部自分でやってしまおうとして失敗した感じです。
この反省が今回に生きればよいのですが、期待薄。




今日の1本は[[2ちゃんねる]]。
(半保護になっているためでもありますが)大きな荒らし行為もなく、よくまとまっていると思います。社会的影響はもっと目立つように、掲示板の細かな仕組みの説明よりも上に出してもよいと思いますが。

さて、1月12日、2ちゃんねるの閉鎖が示唆される記事(夕刊フジ。リンクはITmediaに転載されたもの)が出て、一部でいわゆる「祭り」の状態になっています。
個人ブログでは、「ひろゆきの釣り」「夕刊フジの飛ばし」ではないかという見解も出されており、真相は闇の中。

個人的には、2ちゃんねるがなくなって困ることはないし、それはおそらく大多数が同じ見解だと思います。なければないで、なんとかするはず。2ちゃんねるに入り浸っている人だって、「2ちゃんねる」というブランドにしがみついているわけではなく、匿名で何でも書ける場があればそれでよいはずですし。

それに、実際のところ、ひろゆきの財産が差し押さえられるとしても、まずは海外にあるとされる預貯金や資産が対象になるでしょう(今回の賠償も、たかだか500万円です)。また、ひろゆきが2ちゃんねるの代表を追われたとしても、代わりの誰かが2ちゃんねるを運営することで問題は解決するし、閉鎖になる可能性は低いのではないかと思いますが。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:0.999...が1に等しいことの証明
[[Wikipedia:井戸端#新規項目作成をしやすく]]を見て。
現状でも、赤リンクをクリックすれば新規作成の画面に行けますし、それ以上のことが必要かどうか疑問があります。

というよりも、「まだWikipediaに慣れていない人でも新規項目を作りやすい」(上記リンク先より引用)ような仕組みにはしてほしくないというのが正直なところ。
不慣れな状態で新規に記事を作ると、百科事典的な表現ができていなかったり、スタイルが全く整っていなかったり、他のサイトなどからのコピーで記事を作成してしまったり、その他もろもろで後々面倒になります。
記事を作れるくらいにウィキペディアに慣れていただいてから、記事を作るようになっているくらいでちょうどよいと思います。




今日の1本は[[0.999...が1に等しいことの証明]]。
小数点以下、9が無限に続く数が1であることを示しています。

自分の直感では、0.999…… は1よりも「無限に小さい正の数」だけ小さい数だという認識なので、1とは等しくないようにも思うのですが、筋道立てて考えると1にしかならない、というところです。
厳密な数学的な表現では、1-ε(ε>0)、のような表現になるのでしょうか。

この記事、[[Wikipedia:珍項目/選考]]で選考中です。反対気味なのですが、自分の中で反対の理由がまとまっておらず、しばらくは考えたいと思っています。その間に選考を通過してしまったら仕方がない、ということで。

あと、[[利用者:Tsukapee/0.9999...=1]]で、英語版から訳そうとしている人もいます。ここまで書ければたいしたものなのですが、反論も多そうです。
ところで、記事名が「0.999...」ではなく、このような長いものになっているのは、何か意味があるのでしょうか?

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:茂木健一郎
[[Template‐ノート:小文字]]という議論があります。
[[iモード]]や[[au (携帯電話)]]のように、先頭が小文字の記事名を正しく表示する仕組みができるようです。小文字のものだけではなく、その他の都合で正しい名称を記事名にできないものも、ほとんどが吸収できると思われるので、早く導入されればいいのにと思います。




今日の1本は[[茂木健一郎]]。脳と心の研究者で、「[[クオリア]]」「アハ体験」などの研究で知られています。
最近はテレビ出演も多く、そちらの顔のほうが有名になっている部分もあるようですね。

出典不明な批判的な言及も多かったのですが、腹に据えかねたのか、[[ノート:茂木健一郎]]に本人登場。
今朝気がついて、コメントを返そうかと思ったのですが、過去に同じような状況で、学も地位もある人が無様な姿をさらしているのを目にしているので、2ちゃんねるにお知らせだけしてきました。(^^;)

そのあとの様子を見ると、ほぼ茂木先生の主張に沿う形で記事が修正されたようですね。
このあたり、前例とは全く違う対応になっているわけです。他山の石としたのか、関わった人によって結果が変わったのか。結果としてきちんとした記事が書かれれば、それでいいのですが。

記事のほうは、本人の指摘であろうが何であろうが、適切な出典を元に書く必要があります。そして、当事者が嫌がっていることを残すべきかどうかですが、自分としては残すべきだと考えます。法律や人権には最大限の考慮を払うものの、権威には屈しない態度で臨むのがあるべき姿でしょう。
それにしても、メディアなどで大きく取り上げられる人がウィキペディアに関わり、意見することで、ウィキペディアがそれだけ大きな存在になってきたのだと感じさせられますね。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:里見香奈
[[Wikipedia:井戸端#一覧記事の濫用について]]。うーん。
漫画やアニメの登場人物ごとに記事がいるのか疑問ですし、登場人物だけをまとめた一覧を作るのも何か違うような気がします。
各作品の記事が1つあって、そこに登場人物の記述をひととおり入れてしまえばよいと思うのですが、どうしても記事が肥大化するんですよね。




今日の1本は[[里見香奈]]。
中学3年生。女流棋士最年少にして、今日開催された[[レディースオープントーナメント]]の決勝三番勝負第1局で、[[矢内理絵子]]女流名人を破りました。
今日のNHKのニュースでも特集されたそうです(見逃したけど)。

決勝の模様はブログなどで中継されていましたが、写真などを見ると、相当の報道陣が取材に来ていたようです。
里見さんにとってはこれだけの大舞台は初めてのはずですが、その中で実力を出し切れるところ、ただ者ではないと感じました。

夢は女流四冠(将棋の女流タイトルは4つなので、全冠制覇)とのこと。この勢いだと実現可能ではないかと思わされますね。
頑張ってほしいと思います。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:窓の杜
視聴率争い系の記事って、なんでどれもこれもダメな記事ばかりになるのでしょうか。
ふくれあがったあげく、使い物にならなくなった[[視聴率争い]]をはじめ、[[在阪局夕方視聴率戦争]]とか、[[福岡夕方ワイド番組戦争]]とか。
「土曜8時戦争」の印象が強いのか、なんでも「戦争」とつけたがるのも特徴的ですね。
この辺の記事が必要だと思う人は、[[Wikipedia:独自の調査]]を読んでから考え直してほしいと思います。




今日の1本は[[窓の杜]]。
Impress Watchが運営するオンラインソフトのポータルサイトです。

家でも会社でも、フリーウェアを何本も入れていて、その多くはここからダウンロードしています。
で、たまたまウィキペディアの「窓の杜」の記事を覗いてみたのですが、……うーん。
なんていうか、「アンチ窓の杜」の人が感情を抑えきれずに書いたと、いう印象ですね。

そういえば、「ボツの杜」問題がありましたね。自分はすっかり記憶の彼方でしたが、ブログなどを検索した感じ、まだ根に持っている人もいる模様。10年たっても忘れられない(どころか、不満が増幅しているような気もする)わけで、歴史上の事件としてきちんとした評価ができるのは、まだ相当先のことになりそうです。

いまは「窓の杜」と「[[ベクター (企業)]]」だけになってしまった状態ですが、ほかにも同様のサイトが立ち上がっては消えてゆきました。
窓の杜が書かれているだけの問題を抱えているなら、それに取って代わるものができたと思うんですけどね。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:徳島県立図書館
[[利用者‐会話:Tamago915#福岡夕方ワイド番組戦争について]]、つまりは私の会話ページに書き込まれた指摘についてです。
[[福岡夕方ワイド番組戦争]](タイトルからして適切とは思えないわけだが)をリダイレクトしたことに反発されたわけですが、ようは手続きの点で気に入られなかったらしいです。
こちらの意図は説明しましたが、手段と目的がはき違えられているように感じました。当然ながら、手続きは手段ですから、「手続きを守ること」が目的化してはまずいと思うのです。今回の目的は、百科事典的でない記事を隠すことにあったので、その目的が正当でないというのでなければ、荒らし扱いまでしてしまうのはどうだったのかなと。
まあ、自分も、手続き不正を理由にして削除の復帰依頼を出したりしましたし、人のことはいえないわけですが。(^^;)




きょう、図書館に行ってきました。昨年から放送大学の卒業研究を行ったこともあり、図書館には相当お世話になっています。
ということで、今日の1本は[[徳島県立図書館]]。記事中の写真は今日撮影したものを貼り付けてみました。

蔵書数は130万冊と、県内最大規模を誇ります(全国の図書館の蔵書数を比較したものが公開されていないようなので、全国的にはどれくらいの規模になるのか、わかりませんでした)。
開架スペースも相当広く、開放的なイメージがあります。ただ、技術革新が早い分野などでは、新しい本をもう少し多く入れてくれてもいいかなという気がします。IT関連で20世紀の発行となっている図書があっても、あまり役に立たないわけですし。

卒業研究を始めて気がついたのですが、日本の[[図書館]]ですが、研究や調査を目的として使うのには、まだまだ難があるかなと思います。
徳島県立図書館は自習用のスペースは提供していないのですが、受験勉強のために使われたり、あるいは書籍の無料貸し出しサービス施設のように使われていたりしていて、本来の目的から外れている部分があるのではないかという気がします。もっとも、無料貸し出しサービスは自分も享受しているので、なくしてほしくはないのですが。
最近はマナーの低下もあり、借りてきた本を切り取ったり書き込みをしたり、返さなかったりする事例が多発しているようです。横浜では、「本が泣いています」という啓蒙活動も行われました。

卒業研究は、論文を提出したので、あとは面接審査を末だけとなりますが、これからも研究を続けるかもしれません(悩み中)。そうなれば図書館にはこれからもお世話になるので、気持ちよく使えるようになればと思っています。
もちろん、ウィキペディアの記事を書くのにも、資料を求めて図書館を利用することも多いですし。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:徳島駅伝
昨日削除された[[Web 2.0]]、新しく作ってみました。英語版([[en:Web 2.0]])から訳すことも考えたのですが、手間をかけないために、参考サイトを元に自分なりの理解で書いてみました。
正しさや適切さについては自信があるわけではないので、手直しを入れてくれればと思います。

提唱したオライリーでさえ、Web2.0とは何か、きちんと定義できていないんですね。それをウェブビジネスやマーケティングの観点から、新しそうなものを何でもかんでも「Web2.0」と呼んでしまったので、意味もわからないまま使い、飛びついているという事情があるように思いました。




今日の1本は[[徳島駅伝]]。
12年前に徳島に引っ越してくるまで、このような大会が行われていることさえ知りませんでした。おそらく、地元の人以外には知られていない大会だと思います。

毎年1月4日から6日まで、徳島県内全域の約250キロをコースとした駅伝大会が行われています。県出身の有力選手(中には、直前の[[全日本実業団対抗駅伝大会]]に出場した選手も)が参加し、ここを目標とする選手も少なくないと思われます。
今年で53回目になる、歴史のある大会です。こういった大会があるので、徳島県の駅伝のレベルは低くないと思うのですが、さにあらず。昨年の[[全国都道府県対抗男子駅伝競走大会]]は42位、[[全国都道府県対抗女子駅伝競走大会]]は47位(最下位)でした。
いずれも徳島駅伝の直後に行われるため、コンディションが作りにくいのか、徳島県内に閉じた大会のため、他県とのレベル差を感じにくいのか。もうちょっと頑張ってほしいと思うのですが……。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:台湾高速鉄道
[[Wikipedia:削除依頼/Web 2.0]]で、記事が削除されました。「Web 2.0」の代表ともいわれるウィキペディアで、Web 2.0 の記事がなくなるというのも残念なのですが、初めてこの用語を使ったオライリーの著書からの引き写し(正確には、英語版で引き写されていたものを日本語版に訳出)が見つかったため、このような措置になりました。
英語版はそのまま残っているので、問題のない部分を誰かに訳してもらえたらと思っていますが、自分でやったほうがいいのかな。




今日の1本は[[台湾高速鉄道]]。2005年の開業予定から延期を繰り返していましたが、今日ようやく開業にこぎ着けました(徳島新聞の記事)。

[[台湾]]はそれほど大きな島ではないので、新幹線が必要なのかどうか微妙。ということで調べてみたのですが、台湾島の面積は約36000平方キロで、九州(4万平方キロ)よりも少し小さい程度。新幹線は台湾島の西側を南北に縦断するように走り、約340キロを1時間半で走ります。この距離は、東京から名古屋、仙台までの距離に相当します。
こうやって日本の状況と比較すると、新幹線がなくてもいいほど小さな島ではない、という感覚ですね。

今のところ、1日に19往復という限られた運用ですが、全通後は相当の本数が運用されるものと思います。台湾の主要都市を短時間で結び、日帰り出張も可能になるため、ビジネスにも大きな影響があるのでしょう。もちろん、観光の目玉にもなるのは間違いありませんが。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:大阪外環状線
メインページに最近の出来事を掲載するかどうか、[[Template:最近の出来事/投票200612]]で投票になっています。
個人的には、削除でいいと思っています。ウィキペディアは百科事典なので、それ以外の要素が必要とは思いません。あっても害がなければよいのですが、「最近の出来事」に関していえば、編集合戦のおそれが常にあり、存在することがむしろ有害であるとさえいえます。
残すなら、(英・仏・独・中など)他の言語版と同様、保護をかけておく必要があるでしょうね。保護した上で、特定少数の(信頼できる)利用者の判断でリストを追加修正するようにすればよいと思います。現状、保護された項目は管理者権限がないと編集できませんので、このためだけに管理者になる人がいてもよいと思います。




今日の1本は[[大阪外環状線]]。
鉄道路線としての記事になっていますが、同名の道路があり、どのように扱っていくかを議論しています。

方向性としては、

  1. 「大阪外環状線」に鉄道の解説と道路の解説を同居させ、セクションを分けて記述する。

  2. 「大阪外環状線」は鉄道の記事とし、道路の記事は「大阪外環状線 (道路)」など別名にする。

  3. 「大阪外環状線」は鉄道の記事とし、道路の記事は「国道170号」などに記述する。

  4. 「大阪外環状線」は道路の記事とし、鉄道の記事は「大阪外環状線 (鉄道)」など別名にする。

  5. 「大阪外環状線」は道路の記事とし、鉄道の記事は「城東貨物線」などに記述する。

  6. 「大阪外環状線」は曖昧さ回避とし、鉄道記事は「大阪外環状線 (鉄道)」、道路記事は「大阪外環状線 (道路)」に記述する。

  7. 「大阪外環状線」は曖昧さ回避とし、鉄道記事は「城東貨物線」、道路記事は「国道170号」などに記述する。


といった意見が出ています([[国道170号]]のバイパスが道路の大阪外環状線、[[城東貨物線]]が改良されて鉄道の大阪外環状線になっている)。

問題が発生してから、当初は1の形態を取り、現在は3の状態になっています。いろいろな意見が出ているわけですが、個人的には6の平等な曖昧さ回避がよいと考えています。

とはいえ、それぞれの主張には根拠があり、たとえば鉄道の「大阪外環状線」は仮称であり、正式な名称が決定した時点で移動すべしという意見もあれば、現状この名前でしか特定できないため、「大阪外環状線」で鉄道記事を作るべしという意見もあります。どれも正しいわけで、その中でどれかに決めることは困難だと思います。
自分の意見も、根拠としては、ウィキペディアの記事名の付け方があげられます。同名の別のものがある場合は、分野名を記事名の後ろに括弧書きにして区別し、括弧のつかない記事を曖昧さ回避にするというやり方が標準的なので、これに倣うというものです。

当分、混乱が続きそう。合意に至るのかどうかもわかりませんし、そうしているうちに鉄道のほうに正式名称がついて問題が解決する、ということにもなりそうです。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:磯野貴理
[[Wikipedia:井戸端#差別主義者を象徴するユーザーボックスについて]]という、難しい問題があがっています。
ウィキペディアの中に特定の思想、信条は持ち込んでほしくないのですが、それを表明する自由を制限することが正しいのかどうか。指摘されているナチスの鈎十字は、ヨーロッパを中心に公共の場所で掲示することが禁じられている国もありますが、それをウィキペディアの利用者ページに適用できるのか。あるいは、そもそもユーザーボックスが不要だという考え方にもつながってくるのかもしれません。
議論が本題からそれていきそうな感じだったのですが、きちんと終結するのか、うやむやに終わってしまうのか、気になるところです。




今日の1本は[[磯野貴理]]。昨年末放送のテレビ番組で、今年の1月1日から「磯野貴理子」から改名すると発表していました。

そんなわけで記事名を変更することになったのですが、早まる人がいるわけです。非ログインユーザは記事名の変更(移動)ができないように、移動のUI自体が見えなくなっているため、コピー&ペーストで新しい記事を作ってしまったんですね。その記事を消さないと記事名を変更できないので、処理が今までかかってしまっていました。

  • 12月30日、改名が発表された直後、コピペで「磯野貴理」が作られる。直後に削除依頼([[Wikipedia:削除依頼/磯野貴理]])。

  • 1月1日、移動依頼。

  • 同日、[[ノート:磯野貴理#改名提案]]で議論開始。

  • 1月3日、「磯野貴理」を即時削除。削除依頼を終結させて移動も行われる。


時系列でいうとこんな感じになります。

で、気になったこと。人の話に割って入って目立とうとするのを「キリコる」と命名されていましたけど([[磯野貴理#キリコる]])、これも「キリる」に改名なんでしょうか?
っていうか、すでに死語になっているからどうでもいい?

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

Wikipedia 今日の1本:第57回NHK紅白歌合戦
明けましておめでとうございます。本年も、どうかひとつよろしくお願いいたします。

年頭は目標や予想を立てるのがよくあるパターンですが、ウィキペディアに関しては予想するのも難しいですね。
ポジティブな予想では年内に50万記事に行くかどうかというところ、ネガティブなほうではサービスが継続されているかどうか。正直、何が起こってもおかしくないと思っています。




今年の1本目は、昨年末に放送された[[第57回NHK紅白歌合戦]]。毎年のことなので見ていましたが、J-POPに興味を失ってから、知らない歌手が増えてきています(年を取ったせいかも……orz)。

視聴率は落ちていますが、近年全く高視聴率が出ない音楽番組でこれだけの数字が出ているのですから、健闘したほうかなと思います。むしろ、視聴率が下がっているからとヘンなテコ入れをしないで、音楽番組の王道としての基本に立ち返ってほしいと思うくらいです。

内容については、(予告されていましたが)[[ナインティナイン]]の岡村さんが乱入、ブレイクダンスなどを披露したり、[[和田アキ子]]が2回ほどヘンな扮装をしていたり、2006年の回顧のところではダンサーがサッカー日本代表の衣装だったのに、サッカー関係者は誰も出演していなかったり、等々。

でも、いちばんの事件は[[DJ OZMA]]のアレですね。見ているときは「放送コードぎりぎりのところでやってくるな~」としゃべっていたのですが、あとの報道を見るに、放送コードを超えていたようですね。中の人は[[氣志團]]の中の人と同一人物説があるので、氣志團ともども今後出演禁止になる可能性も、なきにしもあらず。

それでは、今年もよい年でありますように。

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ



プロフィール

Tamago915

  • Author:Tamago915
  • Tamago915(たまごきゅういちご、1973年(昭和48年)5月28日 - )はウィキペディアンである。大阪府泉南市出身、徳島県徳島市在住。血液型A型。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。