FC2ブログ
新・Tamago915のWikiBlog
Wikipedia(ウィキペディア)について、よしなしごとをそこはかとなくかきつづれれば。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wikipedia 今日の1本:昭和の日

[[Wikipedia:削除依頼/利用者:冨士野翔太 氏による初版記事]]にもふれておきます。この人が徳島県関係の新規記事を多数作成しており、ほとんどがスタブ以下だったため、反発がありました。内容を精査したところ、徳島県・徳島市や旅行関係のサイトの紹介からの複製が認められ、削除依頼となっています。

反発した急先鋒の人(削除依頼を出した人手はない)が、複製などずる名、これくらい書いてくれといって提示したのが[[アンジェラ・アキ]]で、こちらも公式サイトからのコピーの疑いで削除依頼が出ています。2つの問題は別のものですが、なんかねえ。

先の削除依頼のほうの指摘をいくつか見てみましたが、2~3文の施設案内や特徴の部分が全く一致しています。削除でよいとは思いますが、事実の記述であり、著作権が発生していない可能性もなきにしもあらず。ただそういう意見は出ていないようですね。


今日の1本は[[昭和の日]]。4月29日には、昭和時代の[[天皇誕生日]]から、[[みどりの日]](今年から5月4日に移動)をへてこの名称の祝日に変わりました。政治的な思惑はともかく、ゴールデンウィークを壊さないためにも、祝日として残してほしいとは思います。

競馬の[[天皇賞]](春)も今日開催されました。昭和時代は4月29日固定だったのが、平成2年から日曜開催となっています(その平成2年も、たまたま4月29日が日曜日だったため、4月29日以外に行われるようになったのは平成3年から)。替わりに秋の天皇賞が12月23日に行われているかというと、日程は動かしていません(議論はあったかもしれませんが、有馬記念と近すぎるため、ほとんど検討されなかったでしょう)。

ウィキペディアの記事では、昭和の日という名称で祝日を制定することの妥当性などが論じられています。[[建国記念の日]]や[[天皇誕生日]]と並んで、天皇制を固定させるものの省庁として扱われている部分もあるようです。12月25日(昭和改元の日)を昭和の日とすべきだという議論もあったのかなかったのか知りませんが、そのあたりにも踏み込んでいるようですね。

そして5月4日が祝日になり、「前日と翌日が祝日の日を休日とする」という祝日法の条文が適用される日がなくなっています。敬老の日と秋分の日が1日おきになることがあるので(直近では2009年)、そのときまでこの問題は先送りでしょうか。休みが多すぎますし、おそらく、この条項は廃止されるでしょうね。


スポンサーサイト
Wikipedia 今日の1本:楽天証券社員によるウィキペディア上の不都合情報の削除

[[Wikipedia:削除依頼/アンジェラ・アキ]]。結局削除依頼です。

[[利用者‐会話:冨士野翔太#あなたの対応について]]の自信満々のコメントがあったのですが、何なんでしょうね。丸写しでなければ著作権は侵害しないと考えているのかもしれませんが……。


今日の1本は[[楽天証券社員によるウィキペディア上の不都合情報の削除]]。削除依頼中ですし、近い将来には残っていない記事かもしれませんが、あえて。

この件に関して、楽天証券の社長名で謝罪文が出たのが昨年8月。その後これをウィキペディアに記述するかどうかで[[楽天証券]]の記事が編集合戦となり、9月に保護されたまま現在に至っています。

自分としては、この件の記述はどこかに残しておくべきで、単独の記事にするのも悪くはないと思いますが、さすがにこのタイミングで作成しても反発されるでしょうね。記事の保護解除を含めて、記述の方向性の合意を取る必要があります。

で、「記述すべきでない」と考えている人が管理者権限を行使しているので、それはどうかと思いました。自分が記述すべきと考えているからというわけではないのですが、管理者権限を行使する人は中立であってほしいと考えます。そのあたりの説明も不十分ですし、結局は管理者が自分の主張を通すための保護ではないかとも思えます。それは管理者権限の濫用ではないでしょうか。

新しく作られた記事のほうは、内容もほとんどありませんし、あまり残す価値はないのではないかと思いました。削除依頼は別途進めてもらって、楽天証券本体の保護解除に向けた議論を再開すべきなのかもしれません。もっとも、「保護を解除したら事件のことが書かれるから解除できない」と主張している人もいるようなので、議論のテーブル自体が設定できるのかどうか不安なのですが。


Wikipedia 今日の1本:アンジェラ・アキ

[[Wikipedia:管理者の解任/Suisui 20070421]]、さて、どうなりますやら。

自分は解任賛成に票を入れているのですが、[[楽天証券]]の保護についての不明瞭な手続きと、その後の説明が十分でなかったことに不信感を持っています。先の見通しがあるわけでもないのですが、最古参の一人であるSuisuiさんが管理者の権限を失っても、誰かが替わりをやってくれるのではないかと思っています。


今日の1本は[[アンジェラ・アキ]]。アンジェラさんが悪いわけじゃないんですが、ウィキペディアでは災難に遭っているような気がしました。

[[Portal‐ノート:日本の都道府県/徳島県#項目の乱立]]ですね。模範的な記事としてこの記事が上がっているのですが、どこをどう見たら模範的な記事なのだろうかと思います。実際のところ、この意見を書いた人が[[アンジェラ・アキ]]の初版を書いており、単なる自画自賛なのだろうとは思いますが。

ということで、叩いて埃を出させようと、査読依頼を出しました。ところが、[[Wikipedia:査読依頼]]のルールを十分に確認しておらず、依頼不備にされてしまいました。皆さんにはお手数をおかけし、申し訳ありませんでした。続けるなら修正依頼なりコメント依頼なりなのですが、なんだか面倒くさくなってきましたね。(^^;)

で、項目の乱立についてなのですが、[[Wikipedia:削除依頼/利用者:冨士野翔太 氏による初版記事]]、そして[[Wikipedia:投稿ブロック依頼/冨士野翔太]]という展開をたどっており、乱立の是非よりも、著作権侵害による大量の記事作成に問題が移っています。せっかく徳島県ポータルに誘ったのに、こういう結末を迎えると、自分の見る目のなさにも情けなくなってしまいます。

話は戻って、アンジェラ・アキ。キャリア数年の歌手についての記事は、何を書いていいのか難しいですね。本人の経歴もそれほど内容があるわけではなく、社会的な影響も限定的でしょう。結局、リリースした楽曲を連ねただけの記事になってしまうわけですが、……やっぱり模範的とは思えないし。

アンジェラさんが悪いわけではないし、個人的には頑張ってほしい歌手の一人なのですが、ウィキペディアの記事としてはどうかな、と思いました。


Wikipedia 今日の1本:あうとばぁん

[[Wikipedia‐ノート:管理者への立候補/Lonicera 20070411]]。もめてますねえ。

もともと、管理者になるのに賛否両論の人が立候補しており、粛々といかない事情があったわけですが、信任ライン (75パーセント) ぎりぎりで票が推移したこともあって多重投票疑惑も出てきています。

で、投票した全員のチェックユーザー (投稿元IPの一致を調べる) を行うように依頼が出ているわけですが、この中には自分も含まれてしまっています。もっとも、自分は地元のケーブルテレビか会社から (休み時間です) しか投稿していないので、誰かと重なる可能性はきわめて低いわけですが……。


今日の1本は[[あうとばぁん]]。古いゲーム機が置かれていることで有名なゲームセンターだそうです。大阪の近畿大学の近くにあり、大学生が多く来店しているようです。

自分はここには行ったことがないのですが、[[Portal‐ノート:ゲーム#ゲームセンター「あうとばぁん」について]]での議論の呼びかけを見つけて参加しました。主執筆者の方の思い入れが強すぎて、記事としての体裁が整っていないように感じられます。そのことを指摘したのですが反応がなく、どうも自分の都合の悪いことは聞こえないふりをしているように思われます。

ファンサイト状態になっており、信頼できる情報源からの記述がほとんど何もない、という大きな問題があります。現状から出典のない記述をがしがし除去していくと、残るのは店の名前と場所、公式サイトくらいになってしまいかねません。削除依頼を出されたら通ってしまうと思うのですが、有名店のようですし残しておくべきと思うので、自分から削除依頼を出すことはないと思います。

新聞・雑誌やテレビなどで紹介されていればいいのですが、少なくとも地元のタウン誌やミニコミ誌などで取り上げられたことはないのでしょうか。執筆者自らの取材によるのではなく、外部のメディアの情報を掲載していく形に改めていければと思います。もっとも、自分が何かできるわけではないのですが……。


Wikipedia 今日の1本:再選挙

おいおい……。徳島関連の記事が乱立気味だからといって、このあたりの主要施設の記事まで削除対象にすることもないでしょうが。

これらの施設の記事が必要でないとする積極的な理由があるわけもなく、削除依頼を出した時点で定義がなかったというわけでもありません。情報が足りないならば加筆をお願いすればよくて、いきなり大量の削除依頼を出すような今回の方法では、反発しか招かないでしょう。


今日の1本は[[再選挙]]。きょう、徳島市議選にいってきて、開票速報を見ているのですが、再選挙となったところが出ているようです。日本の選挙制度の場合、法定得票数(首長選の場合、有効投票数の4分の1以上)を満たさないときや、立候補者が定数に対して足りなかったときに再選挙となります。詳しくは記事を参照願います。

財政破綻した[[夕張市]]の市長選挙も、7人が立候補しており(当選するかどうかはともかく、知名度のあるのは[[羽柴誠三秀吉]]なんて名前もありますね)、やはり再選挙の可能性があります。財政的に苦しいのに、再選挙というのはまずいような気もしますが……。

ウィキペディアの記事では、日本の制度について詳しく書かれていますが、日本のことしか書かれていないようにも見えます。フランスの選挙のことは書かれていますが、やはり今日から実施されている大統領選挙のことは記述がなく、しかも「外国では~」の書き出しになってしまっていますね(当然ながら、「外国」=「日本以外」となるのは日本だけの話)。


Wikipedia 今日の1本:Mozilla Japan

[[Wikipedia:管理者の解任#利用者:Suisui]]。

解任動議の第1号はSuisuiさんでしたか。あっという間に投票に必要な賛同票が集まり、すぐにでも投票に移行すると思われます。

ある意味では、革命やクーデターになるかもしれませんね。一部の管理者が実権を握っているという印象(あるいは印象操作)もあり、Suisuiさんが最初の標的になったように思います。成り行きに任せるつもりですが、権力闘争や恐怖政治になってしまうのは勘弁してほしいです。

まあ、何をもって「権力闘争」や「恐怖政治」かは人によって解釈が分かれますね。自分は、自分の思うとおりに意見が出せて、自分がよしとする編集ができればそれでいいのですが。


今日の1本は[[Mozilla Japan]]。Mozilla Foundationの日本法人で、かつてはMozilla、現在は[[Mozilla Firefox]]と[[Mozilla Thunderbird]]の開発元となっています。

昨日、24時間連続イベント「Mozilla 24」の開催が発表され、現在わかっていることを加筆しました。「Mozilla 24」の記事を新しく作ろうかとも思いましたが、まだ書けることがほとんどなく、サブスタブにしかならないのであきらめました。もう少し情報が集まってきて、具体的にどういったことが行われるのかが明らかになれば、分割で新しい記事を作ることもできるでしょう。

まだ、世界各地をつないで24時間連続でイベントを行うことと、インターネットをもっとエキサイティングにするという方向性だけしか発表されておらず、具体的な内容は公募されるようです。

放っておいても、ウィキペディアの記事はそのうち独立するでしょうけど、独立しても恥ずかしくないくらいの記述がほしいですし、それだけの内容を持ったイベントになってほしいですね。何もできることはありませんが、楽しみにしています。


Wikipedia 今日の1本:長崎市長銃撃事件 (2007年)

[[ノート:大阪外環状線#移動依頼後]]。過去の議論を蒸し返すなら、そのとき結論が出たのとは違う提案を持ってきなさいって。

自分も同じミスをやったことがあるのですが、同じことをやり直すのは時間の無駄なんですよね。私のほうがキレ気味ですが、移動・分割を提案しているUraiosさんは気が長いなあと感心します。

匿名希望の3つの意見は、同じ人が書いているようにしか見えないのですが、あまり追及することでもないでしょうから放置しています。今後も増殖して、あまりにひどいようなら何らかの対処を依頼するかもしれませんが。


最近ネタ切れ気味。しばらく休んでいて、4日ぶりになってしまったんですね。

今日の1本は[[長崎市長銃撃事件 (2007年)]]。大事件が起こるとすぐに記事になってしまうのですが、ウィキペディアって「百科事典」ですよね? まあ、事件の記述をあとに残すという意味では必要なのかもしれませんけど。

国内的には大事件。そして、AP通信などの国際メディアでも取り上げられていました。世界的に見れば、地方自治体の首長が殺害されたという事件は珍しくないと思いますが、治安がよく、銃規制が厳しいとされている日本で、選挙期間中に狙撃により殺害されたことで、大きな注目を集めたのでしょう。米国では[[バージニア工科大学銃乱射事件]]が発生しており、銃規制のあり方を考える痛ましい事件が続きました。

ウィキペディアの記事は、1~2年前のようなセンセーショナルな書き方ではなく、またニュースサイトの内容をコピーしてくるわけでもなく、投稿の質は確実に上がっていると思います。出典も細かく記述してあり(うるさいくらいですが)、時事報道の記事について一定の方向性を示しているケースになりそうです。

関連で、前市長の銃撃事件である[[長崎市長銃撃事件 (1990年)]]も作られたようです。前市長のときは政治的な考え方の違いが根底にあったようですが、今回は公共工事など金銭的なトラブルが動機だとされています(捜査中なので、正確な動機は不明)。首長の暗殺というと政治的な反発によるものが多いと思うのですが、個人的な金銭トラブルでというのは、例が多いのでしょうか。


Wikipedia 今日の1本:フローレンス・フォスター・ジェンキンス

[[Wikipedia:井戸端/subj/漫画における雑誌発売前のネタバレ]]および[[Wikipedia‐ノート:検証可能性#何をもって公開されたとするのか]]。

小売り側が、出版元から指定された日より早く週刊誌を販売することはよく行われていましたが(現在はどうなの?)、このこと自体が法的に微妙らしいですね。そういうことはあまり意識しておらず、「入手できるのだから検証可能でよいのでは?」と思っていますが、ちょっと考えなければいけないかもしれません。

出版物にある情報がいつから検証可能とするかは、「小売りで入手できたとき」か「(契約上)小売りで販売が認められたとき」のいずれかになると思いますが、どちらになったとしても大して変化はないのではないかと思います。両者のタイムラグは大きくて3日くらいだと思いますが、それくらい待てないのかな、という気もしますし。


今日の1本は[[フローレンス・フォスター・ジェンキンス]]。どうやら、史上もっとも音痴な声楽家ということのようです。1944年没ということで、現在は限られた音源しか残っていないようですが、英語版では音源があるようです([[en:Image:Florence Foster Jenkins Hölle Rache.ogg]])。ただし私の環境では聞けませんでした。何かの呪いがあったのでしょうか……。

1940年代は、テレビがまだなく、情報伝達手段は新聞・ラジオ・ニュース映画といったところでした。そのため彼女の歌声を実際に聴く機会があった人は少なく、そうするためにはレコードを買うか、出演する舞台を見に行く必要があったことになります。記述されている野が事実だとして、これだけ下手でも、あるいはこれだけ下手だからこそ、独自のパフォーマンスで人気を博し、多くのファンを獲得できたのかもしれません。そして、60年以上たった現在でも伝説として残ることになるわけです。

ウィキペディアの記事は、[[Wikipedia:珍項目/選考]]にかけられており、私もここから見つけました。選考はほぼ確実に通過しそうで、ウィキペディアにはこのような不思議な記事が数多く掲載されていることに、驚きを感じざるにはいられません。まだ珍項目となっていない記事でも、このようなものはいくつも残っていると思います。まだ見ぬ珍項目を探し出すのも、ウィキペディアのひとつの使い方ではないでしょうか。


Wikipedia 今日の1本:打ち切り

この間、徳島の[[四国放送]]でやっていたラジオで、「ゆるキャラ」のことが紹介されていました。ツカミで出したのは彦根城のマスコットの[[ひこにゃん]]ですが、徳島の[[すだちくん]]もゆるさでは負けていないと思います(笑)。

そして、ウィキペディアの[[ゆるキャラ]]の記事の紹介となっていました。「18ページもあるんですよ」といっていたので、印刷したものをスタジオに持ち込んだのだと思います。作られてすぐの頃に手を入れていたのですが、避けたかったゆるキャラ一覧になっていますし、一覧といってもすべてを網羅しているわけでもないし、ラジオではそこを把握していないで説明していたように思いました。

どれだけラジオ局にコメントのメールを書きたくなったことか(汗)。というか、明日あたり気が変わって、書いているかもしれません。「ラジオネーム・たまごさんからのメールです。先日、ウィキペディアの『ゆるキャラ』のページを見て説明されていたことがあったと思います。……」というのが電波に乗るかも、と自分が漏電中です。


今日の1本は[[打ち切り]]。アメリカから、こういうニュースがありました。

ウィキペディアの記事にからはほとんどの事例が除去され、残っているいくつかも日本のものだけなのですが、こういった日本以外の国のことは相手にもされていないようです。

ウィキペディアの「日本語版」は「日本版」ではないとよくいわれますが、こういう記事を見ると、なぜそれを繰り返しいわなければならないのかがわかります。記事全体のバランスを考慮せず、自分が知っていることを書きたいという欲求のままに執筆するため、記述内容が百科事典としてふさわしいものか、という視点が欠落するんですね。そうやって、「打ち切り」のような屑記事が出現すると。

そういう自分も、今回のニュースの内容を百科事典的なものに編集して掲載しようと思いました。でも、事例を載せない方向で動いていますし、代表例でも何でもありませんから、掲載は見送ります。載せたほうがいいという判断があれば、他の人が載せることは止めませんが、自分の判断はそうではないということです。


Wikipedia 今日の1本:二人零和有限確定完全情報ゲーム

[[Wikipedia:井戸端#通称IRC組の存在とその活動傾向について]]。

管理者の多くがウィキペディアのIRCによく出入りしていて、そこで保護やブロックの対応をお願いするような構図があるだろうことは想像できます。ただ、それに問題があるということはいえないわけで、こうやって正面切って騒ぎ立てても、何もならないような気がします。

おそらく、密室で物事を決められている(ように見える)ことへの不満があるのだろうと思います。一定の条件の下でログを公開することを認めるなど、IRCをもっとオープンな場にするとか、IRCで根回しや取り決めを行わないようにするとか、何らかのやり方はあるだろうと思います。

もっとも、2ちゃんねるのウィキペディアスレッドも本質的に同じ問題を抱えているわけで、「IRC組」と認定しているものをつぶしても、「2ちゃんねる組」が出るだけで実態は何も変わらないような気がするのですが……。


今日の1本は[[二人零和有限確定完全情報ゲーム]]。難しそうな言葉ですが、[[ゲーム理論]]におけるゲームの分類のひとつで、囲碁や将棋、チェスなどが相当します。

この種のゲームが、ゲーム理論的に重要な理由は、自分が勝つための情報がすべて提示されており、最善手が(理論的には)決定できるということ、さらには人工知能によるコンピュータプログラムが作りやすいということです。

最善手が存在する理由は、以下の通り。

  • 二人零和 - 2人プレイで、全員の損得を足し合わせるとゼロになること。すなわち相手の損がそのまま自分の得になるので、相手に不利になるような指し手が最善手となる。
  • 有限 - ゲームに終わりがあること。ゲーム理論では引き分けも含むので、引き分け再勝負はここでは考えないことにします。双方が最善手を尽くしたときは引き分けになる、という可能性もあるわけですし。
  • 確定 - 偶然の要素が入り込まないこと。確率論を考える必要がなくなります。
  • 完全情報 - すべての情報が公開されていること。多くのカードゲームのように札を隠すようなことがないので、相手の指し手も完全に読むことが理論的には可能です。

2人ゲームなので先手と後手があり、お互いに最善手を尽くしたときには「先手勝ち」「後手勝ち」「引き分け」のいずれかになることが証明されています。それぞれのゲームがどれになるかは、ゲームによっては判明しているものもありますが、囲碁や将棋などはまだわかっていません。というか、わかってしまったらゲームとしては終わりになりますが。

ウィキペディアでは、どうしても将棋を二人零和有限確定完全情報ゲームにしたくない人がいるようで、緩やかですが編集合戦になりつつあります。どうやら、[[千日手]]・[[持将棋]]などの指し直しがあるので無限に続き得て、したがって有限ではないということのようですが、この主張に「要出典」をつけたいですね。自分はこの考え方は誤りだと思いますが、あえて記述して「要出典」をつけるのはアリでしょうか。


Wikipedia 今日の1本:徳島県青少年センター

[[Portal:日本の都道府県/徳島県]]の参加者がもう1人増えました。ここ何日間か、徳島関係の記事を精力的に作成、加筆してくださった利用者がいましたので、「ポータルに参加しませんか?」と声をかけたところ、快く参加してくださったようです。

徳島県関係のここ何日間かの新着記事を見ると、徳島県内の代表的な施設の記事が全然足りていなかったんだなと気づかされます。ほとんどの記事は骨組みだけですが、ここから加筆が進めば、かなりのボリュームにできることが期待されます。


今日の1本は、その中から[[徳島県青少年センター]]。もやは青少年(当センターでは25歳まで)ではありませんが、今年からダイエットの一環としてトレーニングジムを使っているし、会社のバドミントンサークルも青少年センターの体育館で練習しています。

今年の初めにジムの回数券を買おうとしたところ、今年限りで閉鎖する可能性があるから、早めに使い切るようにといわれてしまいました。まだ本決まりではないものの、施設が老朽化し、徳島駅の近くに施設があるので手狭になってきているため、廃止という話も出てきているようです。ここは徳島県の施設なのですが、昨日あった徳島県知事選・県議選の候補者の中で、青少年センターをどうするという公約を立てていた候補はなかったように思います(選挙公報には誰も何も書いていませんでした)。

以下、さらに進むローカルネタ。沖浜にできた「ふれあい健康館」に機能を移転することも視野に入っているのだろうかと思ったのですが、健康館は徳島市の施設。合併や機能移転は考えにくいですね。もし廃止するとしたら、青少年センターがもっていた機能はどこが引き継ぐことになるのでしょうか。

ウィキペディアの記事には、当然ながら憶測レベルの廃止に関わる記述はありません。それだけではなく、青少年登録のことや、毎年1度行われる「センターまつり」についても全く言及がなく、まだまだ書き足せることはたくさんありそうです。自分自身も青少年センターのヘビーユーザーなので、加筆してみようかとは思いますが、「要出典」とか貼られまくったりして……(汗)。


Wikipedia 今日の1本:飯泉嘉門

[[Wikipedia:井戸端#ウィキペディアは縦社会ですか?]]……って。違うに決まっているでしょうが(汗)。

とはいうものの、管理者の意向が優先されるような傾向はあるわけで、それは意見を出しているのが管理者であるからだ、という誤解もあります。実際には、管理者をやっている人のほうがウィキペディアのことに詳しく、いろいろなことを勘案した上で適切な主張をしているということです。たまにそうでもない場合もありますが、その際は他の利用者に指摘されているわけですし、それなりにうまく回っているとは思います。

でも、管理者権限を返上してほしい人はいますね。長いことやっているわりに、自分目線でしか物事を見られない管理者がいるわけで。


今日の1本は[[飯泉嘉門]]。今日の[[徳島県]]知事選で、2期目の当選を果たしました。

今回の徳島知事選は、現職で自民・公明両党の推薦を受けた飯泉さんと、共産党公認の候補の2人が立候補していましたが、早い段階で飯泉さんの当選確実が発表されていました。最終的な得票率は75パーセントほどになったようです。

徳島県の知事は、ここ数年は大きな変化がありました。2002年に先々代の円藤さんが汚職で逮捕され辞任、出直しの知事選で改革派の大田さんが当選。オール野党となった議会との対立は避けられず、翌2003年には知事の不信任案が成立し失職しました。その後の選挙で、大田さんと飯泉さんらが立候補し、激戦を制した飯泉さんによる県政がここから始まっています。

飯泉さんは旧自治省から各県に出向し、徳島県に出向後に知事選に立候補。出稿した県の中には埼玉県や新潟県といった、Jリーグを基盤とした地域の活性化を図ったところがあり、2003年の知事選では徳島でのJリーグクラブの誘致を公約としていました。大塚製薬サッカー部のJFLでの躍進もあり、[[徳島ヴォルティス]]の誕生につながりました。

その他、タウンミーティング「しゃべり場徳島」を精力的に開催するなど、地域住民とのつながりも重視しており、4年間の実績が今回の結果につながったのかなと、勝手に分析しております。

ウィキペディアの記事でも、飯泉さんの記述に留まらず、徳島県知事の移り変わりについても記載されています。円藤さんより前の部分は私もよくわかりませんし (徳島に引っ越してくる前でした) 、自民党系の人が歴任していたようなので、あまり面白みもないかもしれません。ほかの知事の記事は見ていないのですが、県知事自体のことに踏み込んで書かれているのは、徳島くらいなのでしょうか。


Wikipedia 今日の1本:黄砂

[[Wikipedia:井戸端#ノートの名称を議論に変えたほうが使いやすいのではないか。]]、自分も同様に思うのですが、「ノート」で定着してしまった名称を今さら変えるのは難しいかもしれないですね。

ちなみに英語版では「Talk」。「会話」や「対話」という意味になりますので、こういった名称への変更もありうると思います。ただ、最初に「ノート」という名前にしたいきさつや理由を知りたいものです。そこがこの提案の始まりになるはずですし。


今日の1本は[[黄砂]]。ここ数日は日本でも大規模なものが観測され、自分も車がかなり汚れてしまいました。今日の雨で、だいぶ流れましたが、近いうちに洗わないと行けないですね。

中国大陸で砂が巻き上げられ、偏西風に乗って日本までやってくる、というのはよく知られていると思いますが、砂の発生地は[[ゴビ砂漠]]、[[タクラマカン砂漠]]や黄土高原など。自分が勘違いしていたのですが、[[黄河]]は直接関係はない (黄土高原が上流域にあるが) ようです。

日本よりも砂の発生地に近い、中国や朝鮮半島では、もっと大きな影響が出ているようです。とくに、近年は被害が大きくなっており、環境問題のひとつとしても捉えられています。ウィキペディアの記事では、北京での影響として車に積もった黄砂や、衛星画像として観測された黄砂の様子が画像として紹介されています。

記事の文中では、黄砂の粒子の大きさが0.5~5マイクロメートルだと紹介されています。比較としては、たばこの煙の粒子よりは大きく、赤血球よりは小さいとしていますが、もう少しわかりやすい比較はできなかったものでしょうか。


Wikipedia 今日の1本:女流棋士 (将棋)

[[Wikipedia:ウィキプロジェクト ユーザーボックス]]、ノートのほうでも議論は続いていますけれど、「乱造」といっている人も少なくないようです。

自分も5個 (バベルは2個) のユーザーボックスをつけているので、不要だという気はありませんが、何十個もユーザーボックスをつけている人を見ると、何を考えているんだろうかと思いますね。

日本語も相当収拾がつかなくなっているようですが、英語版のほうもかなりすごい。[[en:User:Cjmarsicano/ai_kago-3]]とか (先頃芸能界を追放された日本のアイドルですが) 、「加護ちゃんの使ったお風呂のお湯を飲みたい」ってねえ……。orz


今日の1本は[[女流棋士 (将棋)]]。

将棋の場合、女性のトップが男性棋士の一番下と同じ棋力くらいで、頭脳ゲームのわりには男女の力の差があまりに大きく出ています。そのため、正式なプロになった女性はいませんし (プロ棋士の世界が女性に開放されていないわけではないのですが) 、女性の特別枠として「女流棋士」という制度が設けられています。この仕組みを説明しておかないと、男女同権論者が女性差別だといいかねないですからね。

この4月から高校生になる[[里見香奈]]女流初段の活躍など、女流棋界が注目されていますが、独立問題でも揺れています。昨年12月に、独立の準備委員会が立ち上がったのですが、3月には連盟から各女流棋士に送られた文書により個人ごとの意思決定を迫られ、半数以上の女流棋士が残留を表明、その中で4月に独立派は新法人設立を表明し、分裂状態に陥ってしまいました。

今後どのような形で決着するかはわかりませんが、将棋を指せなくなる女流棋士が出なくなることだけは望みたいと思います。

ウィキペディアの記事にも、今回の独立問題が詳しく書かれています。もっとも、報道された情報だけでは全貌をつかむことは難しく、また独立派、連盟とも自分の都合のよいコメントに終始しているため、事実関係を確認する参考にはなりそうにありません。ある程度状況が落ち着いてから、総括する形でまとめ直す必要があるだろうと思います。

また、バランス的にも独立問題の分量が多すぎるように思えるので、ほかの情報を足すか、独立問題の記事をシェイプアップするかしていかないといけないでしょう。これも、今回の問題が決着してからですけど。


Wikipedia 今日の1本:ルーブ・ゴールドバーグ・マシン

[[Wikipedia:井戸端/subj/人物写真の掲載と人格権]]。肖像権で議論したいなら、最初から[[人格権]]ではなくて[[肖像権]]と書いておいてほしかったけど。

肖像権の保護を最優先にするのであれば、すべての人物画像は掲載禁止としてしまうのがもっとも簡明です。もちろんこういった一律禁止という方針は、思考停止につながりますし、禁止することによって記事の発展が妨げられることもあるので、画像を掲載するに足る事情があれば掲載してもよい、という形で個別に判断すべきだろうと考えています。

井戸端には自分の意見を長々とかいたわりに、何を主張したいのかわからなくなっているかもしれませんが、要は個別に判断する必要があるだろうということです。


今日の1本は[[ルーブ・ゴールドバーグ・マシン]]。CNET Japanに、「1杯のジュースに345工程」という記事が出ており、いろいろなからくりを通しながらオレンジジュースを作る装置のコンテストが紹介されていました。

ジュースに限るわけではなく、何かをするのに意味のないからくりを繰り返す、非効率なマシンのことを「ルーブ・ゴールドバーグ・マシン」と呼ぶようです。

これで思い出したのが、NHKで放送されている[[ピタゴラスイッチ]]。坂道を転がるボールや、ドミノ倒し、シーソー、磁石といった仕掛けで、いちばん上流 (ここは手で動作を開始させる) からもっとも下流の番組タイトルを表示するところまで、連鎖的に仕掛けが動きます。仕掛けは重力 (と、まれに磁力) だけで動いており、これだけの装置を電気やコンピュータの力を借りないでうまく動かしてしまうことに驚かされます。

ウィキペディアのこの記事は、ほとんど情報が書かれていないですね。CNETの記事から入り、ウィキペディアに記述があったことに驚いて取り上げただけなので、記事の質はあまり考えていませんでしたが(汗)。この装置を扱ったテレビ番組の情報が最も多いのはヘンなので、多摩大学のコンテストや、世界での動向、あるいは歴史上最初のルーブ・ゴールドバーグ・マシンを紹介するなど、百科事典的な記述の発展の方向はあると思います。


Wikipedia 今日の1本:イオンド大学

昨日の続き。[[Wikipedia:削除依頼/窓の社関係]]で、窓の杜の関係者が出てきました。削除に同意する形の意見となり、ウィキペディアに記事を書いたライター氏のハシゴを外した形になりました。

窓の杜を管理するインプレスは、過去にもウィキペディアをSEOとしての宣伝ツールとして使うことを勧めたこともあり、ウィキペディア側からはあまり好印象を持たれていないような気がしますが、今回はまあ、納得のいく対応ではないかと思います。

このライターさん、削除依頼のやりとりでも常識の欠如が目に余りますので、インプレスから契約を切ってしまったほうがいいとは思うのですが……、私がとやかく口を出すことではないですね。反省。


今日の1本は[[イオンド大学]]。

[[ハワイ州]]にある、実態のよくわからない大学で、米国のいくつかの州では非認定大学(取得した単位が認められない)であり、いわゆる「[[ディプロマミル]]」ではないかといわれているところです。

ウィキペディアにも、元々そのような記述があったのですが、先方からの要請でほとんどの記述が削除され、先方の意に従うような記述になっています。それを見て「宣伝ではないか」ということで削除依頼が出され、編集(両論併記)で対応すべきという意見も強く、結論は出そうにありません。

この議論に関わった何人かで、非公開で今後の方向を決めたい、という提案もあり、事態は長引きそうです。自分も最初は削除でいいのかなと思っていましたが、両論併記にするのが本来の形ですし、それで先方が納得すればよいのですが、やりとりを見る限り難しそうです。

ウィキペディアが大きくなってきたことで、いろいろな問題をはらむようになりました。訴訟リスクを避けるように動いているのでしょうが、それでも裁判沙汰になるのは避けられないことも起こるのだろうと思います。というか、別の記事で裁判に持ち込まれる案件が出ていますし、先行き不安ですね。


Wikipedia 今日の1本:エイプリルフール

[[エイプリルフール]]なわけですが……、これはダメでしょう。

悪ふざけでウィキペディアを利用することが許されるはずもなく、この記事を作った人も本職のライターであるわりには、常識に欠けるところがあるように思いました。

でも、この話題、ウィキペディア上に何らかの形で残されるのでしょうか。あるいはすべてなかったこととするべきなのでしょうか。


今日の1本は[[エイプリルフール]]。……ひねりも何もないですね。

この日は世界各地で大々的なジョーク企画が行われており、欧米を中心として新聞記事などに嘘の記事を出すことが多々あります。1990年には、旧ソ連で「閉じこめられた地下室で生まれた4人の姉妹が、45年ぶりに救出された」という記事が世界中を駆けめぐり、日本はそれを事実だとして信じ込んでしまったのですが、あとで「エイプリルフールのネタ」だったという釈明があり、日本人の釣られやすい体質が明らかになったように感じました。このネタを教材にした学校があり、日本の新聞社にこの記事をどう扱ったのか質問した結果が出ていました(インターネットNIE新聞と友だちになろう、PART2以降の部分)。

日本でも同様の試みは行われていて、東京新聞が何年か前からエイプリルフール記事を掲載しています(今年もやったかどうかは不明)。あと、もちろん、ウェブサイトですね。上の「イソプレス」は老舗の部類に入りますし(1997年から開始)、大手の情報サイトはたいてい何か仕込んでいるように思います。詳細なネタ一覧は[[4月1日 (2007年)]]でどうぞ。

ウィキペディアの記事は、概要や起源なども出ています。ヨーロッパの風習だと思っていたのですが実は日本の風習で、本来は「四月馬鹿」だったのが、英語に逐語訳した「エイプリルフール」が日本に逆輸入された形で定着したようです(「ドラえもん」で、のび太が「四月馬鹿」にだまされる話は何回かありましたが、あれは本来の名称で取っていたようです)。戦国時代に[[織田信長]]が、[[前田利益]](前田慶次)の口車に乗せられて将軍家に戦を仕掛けかけたが、利益の冗談に担がれたことに気づいて兵を引っ込めたのが発端。これが(旧暦の)4月1日のことであり、信長が「我は四月馬鹿なり」という名言を残したことで、この日が「四月馬鹿」となったということです。

なお、友達に「エイプリルフールって信長が始めたんだよ」などといって一笑に付されても、私は全く責任を持ちませんのであしからずご了承ください。




プロフィール

Tamago915

  • Author:Tamago915
  • Tamago915(たまごきゅういちご、1973年(昭和48年)5月28日 - )はウィキペディアンである。大阪府泉南市出身、徳島県徳島市在住。血液型A型。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。